2024年 謹賀新年

明けましておめでとうございます!
「六ノ里」での6回目の正月を迎えました。

今年も「六ノ里」の暮らしの様子を、書いて行きたいと思っています。
「六ノ里」に興味を持っていただき、是非、訪れて頂ける様に頑張りますので、宜しくお願い致します!

さて、今年最初の記事は「初詣」の様子をお伝えします。

令和6年1月1日「元旦」の「六ノ里 栃洞」の様子です。

「畑」などの「土」の部分には「雪」が有りますが、それ以外は昨年にも増して、ほとんど「雪」が有りません。(昨年の写真はこちら

今年は「三寺参り」の準備の際に「竹」をもらって来てましたので、「門松」っぽいのを立ててみてます。
例年は「注連飾り(しめかざり)」だけですので、いつもより「お正月」っぽさが増した様な気がします。

それでは「初詣」に行きます。

まず最初は、私の住む地区の「氏神様」であり、私が「氏子総代」を「拝命」いただいてる「栃洞白山神社(とちぼらはくさんじんじゃ)」から。

「日陰」は「雪」が残ってますが、こちらも例年に比べ、ほぼ「雪」が有りません。

まず「本殿」にお参りして、

続いて「境内」に「合祀」されている「中村の宮」にお参りします。

「氏神様」へのお参りを済ませたので、「車」で「郡上市白鳥町長滝」に有る「白山長滝神社(はくさんながたきじんじゃ)」に向かいます。

「国道156号」を「白鳥」の町から北に向かいますが、この様に「道路」に「雪」は全く有りません。(実は行く途中撮り忘れましたので、帰路での写真)

「雪」が無いので道が混む事も無く、約30分ほどで「白山長滝神社」に到着。

「元旦」ですので、すでにお昼過ぎですが「駐車場」は混んでました。
少し待つと空きが出ましたので、「車」を停めて「境内」に向かいます。

上の写真の「参道入口」は、ほとんど「雪」は有りませんでしたが、少し進むと「山蔭」になるのか残っていて半分「シャーベット」になってました。

「白山長滝神社」の「境内」は「雪」に覆われてましたが、特に歩きにくいと言う事はありませんでした。

私は「栃洞白山神社」の「氏子総代」ですので、まず、氏子の方々から預かっている去年の「大麻札(たいまふだ)」を「お焚き上げ」に納めます。(*「大麻札」とは「伊勢神宮」のお札の事です。)

その後「拝殿」にてお参りをしてから、

続いて「本殿」にお参りしました。

「雪」に覆われている様に見えますが、「参拝箇所(で良いのでしょうか?)」への部分は「雪掻き」してありました。

昔「熊野本宮大社」にお参りした際に「本殿」(「御社殿」と聞いた覚えがあります)に参る際は『中央、左側、右側の順』と習いましたので、その順でお参りしてます。

それから「境内」に「合祀」してある「天満宮」にもお参りして、

最後に「長瀧寺(ちょうりゅうじ)」にお参りしました。

以上で、全ての「参拝」が済みましたので、「社務所」で「破魔矢」と「御守り」を授かって「帰路」に着きました。

今年も1年、良い年になります様に!!

<追記>
この記事を書いている最中に「能登地方」で大きな「地震」が発生しました。

この辺りは「岩盤」の上なので、普段の「地震」では全く揺れないのですが、今回はここでも結構揺れて「震度4」だったそうです。

「元旦」から大変ですが、「震源地」に近い地区の方に被害の無い事をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です